ラウミウォーク|三浦半島の魅力をご紹介

魅力発見!新たな食文化の風を!「三浦半島はイタリア半島」プロジェクト開催

三浦半島とイタリア半島は、細長く南東に伸びていて、二つの半島はその傾きや角度も同じなら、地形の印象もとても似ています。 しかも緯度もほぼ同位置にあります。さらには三方を海に囲まれた豊かな漁場で獲れる海産物や、南部のやや温暖な気候を生かした農作物など、イタリア料理で使用する珍しい食材も、三浦半島でなら入手できます。そこで、三浦半島の各4市1町でそれぞれ、イタリア国旗の「緑」「白」「赤」そしてフラッグポールをイメージする「黒」をテーマカラーとし、地元三浦半島の食材を使ったイタリア料理をご提供いたします。

第1弾◆花野家

「三浦半島とイタリア半島」のプロジェクト考案者
料理研究家 長谷川 りえ さん
TS_S8096_t_350_FIX
大手食品会社に入社し商品開発を担当。ファストフード・コンビニエンスの分野で多くのヒット商品を開発。その後、イタリアンレストランの厨房、フランス菓子店を経験後、料理研究家のアシスタントを経て独立。
地域活性化のプロジェクト016~「三浦半島はイタリア半島プロジェクト」の発案者として、コンセプトと同時に4市1町のプロジェクトメニューも開発。横須賀の「横須賀ピッツァ・ブラック」の発案者として、取り扱い店舗のサポートをしている。
今回の「LAUMIウォーク」企画で取材レポーターを務めてくれたのは、大野藍(おおのあい)ちゃん。
IMG_0705_t_1920_72_5
「海に近いまちで育ったので、とにかく海のある風景が大好き。景色の美しさはもちろん、懐かしさとうれしさで、見ているだけでテンションが上がります!」という女の子。
そう、「見ているだけ」で十分。泳いだり、マリンスポーツをしたり…ではなく、海沿いを歩いているだけで幸せだという藍ちゃんなのですが、今回は三浦半島有数の海岸でビーチコーミングに挑戦したり、地元の皆さんと触れ合ったり、おいしい地産食材を食べたりと、海+αの魅力あふれるLAUMIを存分に満喫。取材が終わるころにはすっかりLAUMIファンになっていて、プライベートでも絶対また来よう!と宣言していました。

そんな藍ちゃんはもともとファッション分野に興味があり、服飾の専門学校で勉強。その後は、モデルとして幅広く活躍中です。ファッションを愛する藍ちゃんは日ごろ、ショーに出演したり、スチール撮影に臨んだりしながら、着ている服の魅力を見ている人にいかに伝えるかを考えるそう。服に限らず、今回の取材ではLAUMIのまちやお店、商品などの魅力ができるかぎり伝わるよう、全身で表現してくれた藍ちゃん。

ぜひ今後もLAUMIウォーク大使としてレポートしてくださいね!

◆藍ちゃんインスタグラム
https://instagram.com/aaaichi_

三浦半島の各観光協会へのリンク