ラウミウォーク|三浦半島の魅力をご紹介


横須賀の創作ベーグルCafe【Bagel café nico】

若い女性から、地元のおじいちゃんまで、老若男女に愛されている横須賀のベーグル屋さんをご紹介します!
横須賀中央駅から少し坂を上るとみえてくる、Bagel café nico。
1
店内に入ると可愛らしいカウンターにたくさんのベーグルが。
NICO2
この日は10種類以上のベーグルがありました。

酒粕を使ったプレーンやフルーツを使ったベーグル、和風のベーグルまで。
見たことのないフレーバーがいっぱいです。

オーナーの清水さんによると、今まで作ったベーグルは130種類以上!!
来るたびに、違うベーグルに出会うことができます♪
3
定番でいくか、冒険するか‥‥悩みに悩んだ末、鰹・梅干し・はちみつの3つのベーグルを購入

鰹のベーグルは、一口食べると口の中に香りが広がり、なんだか不思議!新感覚の和風ベーグルです。朝食は和食派の方は、鰹ベーグルがおすすめ!

人気フレーバーのはちみつは、ほのかに甘味があって、ベーグルだけでも楽しめますが、いろんなジャムに合わせられそう。迷ったときは定番のはちみつベーグルで。

そして一押しは、梅干しベーグル!
ベーグル本来の味と梅干しの酸っぱさがとーっても合うんです!
定番トッピングのクリームチーズとの相性も抜群!

是非、他にはないフレーバーのベーグルを楽しんでください♪
また、ベーグルのほかにも旬のフルーツを使ったマフィンやおとうふを練りこんだビスケットも。ベーグルとあわせてどうぞ。
NICO4

Bagel café nico.は半分のスペースがテイクアウト向けのベーグルスタンド、もう半分はカフェになっています。
NICO5

清水さんが趣味で集めたカフェに関する本がずらりと並ぶ、通称nico蔵書。
おしゃれな本を眺めながらゆったりとした時間が過ごせそうな、居心地のいい空間です。
6

取材をしている間も、続々とお客さんが来店して、いろんな種類のベーグルを購入されていきました。
皆さんずらりと並ぶベーグルを楽しそうに選んでいて、まさに地元に愛されているお店だと実感。

“好きなものを作る”という清水さんのこだわりがちりばめられたBagel café nico。
三浦半島へお越しの際は、是非立ち寄ってみてくださいね!

Bagel café nico.
営業時間:火~日11:30~19:00(日曜・祝日12時~)
店休日:月曜日、第1・3日曜日
住所:神奈川県横須賀市深田台34番地
電話:070-5022-1308
Blog:http://yaplog.jp/bagel25/
Twitter:https://twitter.com/bagelcafe_nico
Facebook:https://www.facebook.com/BagelCafeNico/
Instagram:https://www.instagram.com/bagelcafenico/

三浦半島の各観光協会へのリンク