ラウミウォーク|三浦半島の魅力をご紹介


地産“知笑”-楽しい出合いが満載の葉山朝市<後編>

まだまだ紹介したりない葉山マーケットの魅力。後編も一気にお届けします!

◇スモークハウス葉山

御用邸近くの小高い丘に工房ならぬ“香房”がある、絶品燻製(くんせい)のお店。朝市では、黄色と白のかわいらしいツートンカラーの車が目印です。

TS_S7471_t_72_

一番人気はサバ。脂がのった厚い身とやわらかな岩塩がスモークの香りとベストマッチ!アジのスモークにはソフトとハードがあり、ソフトはご飯のお供に、ハードはお酒と絶妙にマリアージュするのだとか。また、シシャモやタコなどのめずらしい商品も入った朝市限定のお得なセットもありますので、ぜひこの機会にお買い求めください。

TS_S7457_t_72_

◇リカーズかさはら

こちらのお店には、葉山の名産品が盛りだくさん。まずは昭和34年、天皇・皇后両陛下の御成婚を祝って葉山町に寄贈された夏みかんの木々から採れた夏みかんを原材料にした「葉山夏みかんワイン」。お酒が苦手な人やお子さまには「葉山夏みかんサイダー」が大人気です。

TS_S7506_t_72_

そして意外と知られていないのですが、葉山には山も多く、棚田があります。日本酒「田遊び 葉山」は、その棚田で作られた葉山産の酒米を使ってできた地酒なのです。また「葉山焼酎 カヴォロ」の原料はなんとキャベツ!特殊な製法のため、全国探してもキャベツの焼酎が買えるのはリカーズかさはらだけだそう。そんないろんなエピソードが気軽に聞けるのも、ここ葉山マーケットの楽しみの一つ。葉山への興味や愛着がぐっとわいてきます。

TS_S7523_t_72_

さらにお店では、ホットワインや甘酒を販売。まだまだ冷える朝、カラダに染みわたるおいしさです。

そしてお待たせしました、朝市と聞いてまず思い浮かべるのが地場の野菜や海産物ですよね。葉山マーケットでももちろん、新鮮野菜や海産物が所狭しと並びます。

去年秋の長雨や台風の影響で価格が高騰したままの野菜も、こちらでは市価の半額くらいでしょうか。それでも通常価格より100円ほど高くなっているとのお話でしたが、とにかく野菜がどれも元気でみずみずしい。

図1

大根やキャベツ、白菜やブロッコリーなどの葉山野菜や、夏みかんや干し大根などがずらりと並びます。いまの時期のイチオシ野菜や、部位ごとのおすすめの食べ方などを聞きながら選ぶのも一興です。

漁港ならでは、漁師船直行・漁師直売の、水揚げされたばかりの魚介類や海藻も外せません。大きさや時期によって変動するとのことでしたが、サザエなんてこれだけ入って1000円です。

4図

この日はほかに、生ワカメや地タコ、カサゴにナマコと、やはりここでなければ買えないような立派なサイズと新鮮さを誇る海産物が目白押しでした。お客さまの手荷物も、一つや二つではきかない量になってきます。

1996年、もともとは葉山の地元の人びとのために始まったという朝市。それが口コミやメディアの紹介によって徐々に知られるようになり、いまでは県内はじめ全国から人が集まる名物市になりました。

それはマーケットに出る品物の良さもさることながら、お店の方々や気さくな地元の人たちとのコミュニケーションの楽しさがあるような気がします。アウェイ感一切なし、常にあいさつやちょっとした日常会話が飛び交う、笑顔があふれる朝市。仕事場や学校で気持ちが落ち込んだ週でも、雨でも、寒くても、日曜の朝に早起きしてここを訪れれば一気に元気になれそう。そんなパワースポットです。

朝からおいしいものを食べて気分が上がったら、その日は一日三浦半島を回って冬の三浦半島の魅力を満喫してみませんか?

もう春も間近です。皆さん、どうぞ良い休日を。

【葉山マーケット 開催情報】

  • 開催日:毎週日曜(小雨決行・荒天中止。※12月最終週と1月第一週はお休みです)
  • 場所:葉山鐙摺港葉山漁協前
  • 時間:8:30~10:30

※駐車場はございませんので、公共機関をご利用ください。

当日の混み具合や、出ているお店の情報などが、以下のFMラジオ番組でLIVE中継されています。お目当ての商品がある人はこちらでチェックしてくださいね。

  • 湘南ビーチFM | Shonan Beach FM 78.9

「WEEKEND BY THE SEA」土・日曜 8:00~12:00放送

※葉山マーケットの情報は日曜日の8:40頃にO.A.

三浦半島の各観光協会へのリンク