ラウミウォーク|三浦半島の魅力をご紹介


第2弾オリジナルメニューLAUMIの再現・アレンジ店

湘南の海に囲まれたリビエラ逗子マリーナ内にある、ゆったりくつろげる心地の良い「シーサイドカフェ」をご紹介します。晴れた日のテラス席で、ゆったりとした時を過ごしながらとっておきのLAUMIメニューを食べる。最高の休日になること請け合いです。

TS_S0031_t_1920_72_
いざ、店内へ。“シーサイド”の名の通り、潮の香りと海外リゾートのような開放感ある空間は逗子ならでは!

TS_S0309_t_1920_72_
冬場でも日差しがほっこり温かいテラス席。犬の散歩の途中でモーニングを食べたり、家族や友だちとランチを楽しんだり。気持ちよく過ごせます。

そして、LAUMIメニューの「海サラダIN三崎マグロと小坪のシラス あかもく醤油仕立て」800円(税別)です。
TS_S0194_1

お手頃価格なのに、ボリュームたっぷり。大きな角切りマグロはフライにしてあって、シラスとともにクリスピーな食感がたまりません。磯の香りと上品なコクのあかもく醤油も絶好のアクセントに。シーサイドカフェが誇る絶品バーガーとの相性もバツグンです!

<取材エピソード>
お店の方に、今回のお題となった三浦半島食材「シラス」や「あかもく醤油」などを使ってカフェメニューを考えるのは難しかったのでは?と伺ったところ、レギュラーメニューでもほぼ毎月新作を考案し、提供しているのでまったく問題はなく。むしろ、楽しんで取り組めましたとのお話。
また、同リビエラグループには和食を提供する店舗があり、シェフも和食に精通しているので、ハンバーガーや洋食に関しても日ごろから「出汁」を生かすなどの工夫を凝らしているのだとか。和の食材をアレンジするのもお手の物なわけですね。

<取材ウラミせます>

TS_S0712_t_1920_72_

撮られたばかりの写真をチェックする彩香ちゃん。「もっとお皿を手前に傾けたほうがいいですよね」など、撮影班と入念な確認も。さすがは見せるプロですね。

リビエラ逗子マリーナ・シーサイドカフェ

※LAUMIメニューの提供は、2017年3月31日(金)まで

[平日]9:00~19:00
[土日祝・休日翌日] 7:30~19:00
無休

〒249-0008
神奈川県逗子市小坪5-23-16 リビエラ逗子マリーナ「リビエラ プラザ」内
電話046-723-2211

三浦半島の各観光協会へのリンク